忍者ブログ
厚木にある土建屋さんの社長のプライベートな日々
[20]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この協定のついて、農水相がこうおっしゃっています。

多くは関税がゼロになれば、他の国にものを売りやすく、市場が拡大するという視点だろう。報道は農業に偏っているが、この問題はそのことだけを考えるべきではない。郵政や通信、金融、司法制度、労働などの問題が出てくることも予測される。これらは国民生活に直接かかわる。

http://yamagata-np.jp/news/201011/12/kj
_2010111200186.php


非常に難しい問題ですね。

日本の農業は味・質共に世界一ですが、値段も世界一です。逆に言えばかけてる手間も世界一だとは思いますが。
お米は滅茶苦茶おいしくて、他の追従を許さないですよ。もちろん安価なのもありますが、高級米は需要があります。
でもそれを作っている農家が相当な利益を得ているかと言うと、そうでもないみたいです。

おそらく、TPPが効を発すると、2極化するでしょう。輸出に向かうか、お百姓さんという商売を止めるか。
どちらにしても、今後日本人の口に入る時は今より高価になっているのは間違いありません。
これはお魚にも言える事だと思います。
ただ、携帯やら最先端の電化製品や工業製品は安くなると思います。当たり前ですが。

いくら工業製品を売って儲かっても(しかも儲かるのは一部の人間と企業だけ)口に入るものがインフレだと、普通の皆さんは政策に納得しないはずです。
生活の一部は向上するのに、買える食材はちょっと不安な輸入品ばかり。そして何故か所得は下がると。

あとは国民性もあるでしょう。
今は建設業もそうですが、汚れ仕事は昔から3Kどころか、4K・5Kですから、みんなやりたくない。
でも、無きゃ困るんだけど、実際にやる肉体労働者は不安定でしかも儲からない。
汗している人が儲からない商売ですから、ちょっと機転の効く人ならやる道理がありませんよね?

同じ問題は数年前の派遣切りとも似ています。
全員正社員化しろ!なんてありましたが、そうしたら巡り巡って自分達の仕事が無くなるか、所得が低くなると。

要するにTPPは産業が儲かるからやれ!農業の経済のパイはナンボのもんじゃい!、とこういう風潮ですよね。
やれば経済は活性化され長期的に見ればやっぱり良い効果が高いと思います。
でも、足元を見れば数年~数十年の間、米・野菜は国産品に限っては高騰して、結局庶民は輸入野菜を食べる事になりそうです。

そうなると、今の金融経済が破たんしたアイルランドみたいに農業回帰していくのか・・
僕は、それはそれでいいのかな、とも思います。
それが人間と自然の普通の生活なんですから。
今までがおかしくて、今まさにそのツケを払っている時なんだと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
osanai
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/01/06
職業:
自営
趣味:
いろいろ
自己紹介:
お仕事とは別のプライベートな事、思った事、感じた事をツラツラっと書いていきます。
フリーエリア
最新トラックバック
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ネオ土建屋さんのブログ TPP環太平洋連携協定 Produced by osanai
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]